一般的な葬儀の流れについて

葬儀に関しては、現在、これまでとは異なり非常にシンプルな形態も増えていますが、流れとしては、基本的には同じ内容となります。

葬儀は、故人を見送るための大切な儀式となりますが、初めて執り行うことも多く、当事者となった場合に慌てないためにも流れに関する概要は把握をしておく必要があります。葬儀は、大きく、臨終、通夜、儀式・告別式、出棺・火葬の儀、精進落とし、法要、終了後が一連の流れとなります。まず、出棺に関しての内容としては、臨終に対して親近者に一報を連絡することになります。臨終に立ち会った医師からは死亡診断書を受取り、業者への連絡と共に遺体の安置、寺院への連絡を入れることになります。

次に納棺を行うことになり、死亡届の提出や儀式に関しての日時の連絡を関係者に入れることになります。通夜においては、祭壇式場の設営から始まり、僧侶を迎えることで読経、焼香を行い、法話の拝聴を受けた上で閉会となりますが、その後、会葬者に対して通夜ぶるまいを行うことになります。儀式・告別式に関しては、受付で会葬者を迎えることになり、告別式を営むことになります。

告別式は進行役によって進められることになり、ここでは、予め打合せをした式次第に則って執り行われることになります。告別式が終了した場合には出棺となり、遺族や関係者は火葬場へと移動することになりますが、地域によっては儀式・告別式を行う前に出棺・火葬まで行う地域もあり、事前に、業者等と打合せをしておくことが必要になります。

火葬が終了した場合には精進落としに移り、ここでは、喪主は寺院を始めとして会葬者に対して感謝の挨拶をし、会食へと進むことになります。法要に関しては、現在では葬儀当日に繰り上げて行われることも多く、この場合には初七日が引き続き行われることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *