家族が亡くなったときの葬儀の流れ

一般的には葬儀の流れというと、誰もが通夜から告別式までの流れを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。

確かに、知り合いが亡くなって通夜の席に顔を出したり、告別式に参列したりという意味では、それが葬儀の流れであると考えても、決して間違いであるとはいえません。しかしながら、自分の大切な家族が亡くなったときに関していえば、その部分だけがそうだとはいえないのが本当のところでしょう。なぜなら、大切な家族が亡くなった途端、遺族は通夜や告別式を執り行うために、さまざまに細かな計画を立てなければならなくなるからです。

医師から死亡が告げられると、どこの葬儀社に依頼して、遺体を自宅など、どこに運ぶのかということを決めなければなりません。それから、花、祭壇、棺、料理の種類、どの宗派の僧侶を依頼するかなど、いろいろな細かなことを出来るだけスピーディに決めなければならず、悲しんでいる暇もないこともあるのです。

また、そういった多くの下準備があってこその葬儀の流れであり、ハイライトともいえる告別式が済んだ後は、火葬、埋葬、遺品整理などとともに、故人が社会的にかかわっていたさまざまなところへの届け出もあることでしょう。そうやって、人間がひとり亡くなるということは、ただ単に通夜や告別式だけを執り行えば済むということではありません。故人がこの世で社会的にかかわっていたことすべてを家族が整理して、その人生に終止符を打つということなのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *