知っておきたい葬儀の流れ

一般的に葬儀というとお通夜、葬式、火葬などを思い浮かべますが、実はそれだけではありません。

ご家族が亡くなった瞬間からやるべきことが始まります。その一般的な流れは次の様になります。ご臨終、遺体の搬送、納棺、通夜、葬儀・告別式、火葬、還骨法要です。1つ1つの流れについて見て行きます。まずご臨終が確認されたら、遺体の搬送を行わなくてはなりません。病院でなくなった場合には、遺体を病院外に持ち出すために死亡診断書が必要になります。また遺体を運ぶには、葬儀社に手配して遺体搬送車を用意してもらいます。それらの手配を済まし、自ら決めた遺体安置場所に遺体を運びます。

次は納棺です。納棺では菩提寺の僧侶に安置場所に来てもらい、納棺を行います。納棺の前には枕経という読経が行われます。それが終わると、死装束を着せて棺に納めます。納棺が終わると通夜があります。通夜では親族や故人と親しかった人達が、個人との別れを惜しんで夜通し個人に付き添います。通夜の後には葬儀・告別式が行われます。通夜が親族を中心として行われるのに対し、こちらではそれ以外の方々にも参加してもらうという意味合いがあります。

儀式が終わると、出棺がなされます。これによりご遺体が火葬場へと運ばれます。火葬には自治体が発行する埋火葬許可証が必要になります。火葬が終わった後は、骨上げをします。最後は還骨法要が行われます。式場か自宅に戻り、後飾り祭壇にて遺骨・位牌・遺影を飾り、僧侶に読経をしてもらい焼香をします。この後に精進落としが行われ、葬儀の一通りの流れが終了します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *