簡単に分かる葬儀の流れ

危篤から納棺までの準備となる段階を除けば、通夜から葬式・告別式、出棺から火葬までが葬儀の流れです。

まず葬儀の流れは通夜から始まります。受付の開始から30分後、遺族や参列者は必ず着席しなければなりません。着席が確認されたら僧侶が入場し、読経と焼香を行ないます。それから喪主・遺族・参列者の順に焼香をします。その後、僧侶が退場したら一般参列者は用意された食事や飲み物の席へ移動します。そして程良い時間になったら、喪主がお礼の言葉とともにお開きの挨拶をしたら通夜は終わりです。

次に葬式と告別式ですが、ほとんどの内容は通夜と同じです。受付の開始と遺族及び参列者の着席後、司会者が開会式の言葉を述べます。そして僧侶が入場して読経をしますが、この後、司会者が弔事の拝読と紹介をするのが通夜と異なる点です。しかし喪主が挨拶をするまでは通夜と同様、僧侶が焼香して遺族と参列者の焼香となります。それが終えると僧侶は退場し、喪主が挨拶をします。そして閉式の言葉で締められ、続いて出棺へと移るべく遺体の周りを花で飾って最後の別れをします。

そうして火葬場へ向かうために出棺を行ないますが、この時棺を運べるのは遺族や親族の男性のみです。またこの時喪主は参列者にお礼と感謝の挨拶をし、同じく遺族は位牌や遺影を胸あたりに持って参列者の方へ向けます。それから霊柩車を戦闘に火葬場へ向かい、棺を火葬炉の前に安置して最後の別れの式となる納めの式をして火葬を行なうのです。

火葬が完了するまでの時間は1時間前後なので、遺族や参列者は控え室で茶菓などを食べながら時間を待ちます。そして火葬が終わると遺骨を骨壺に納める骨あげをします。二人一組になり、竹箸で一緒にはさんで一つ一つ拾うのです。骨あげが終わると係員が骨壷を埋葬許可書と一緒に白木の箱に入れ、喪主に渡します。そして喪主が遺骨を持って自宅に帰れば一連の葬儀の流れは終了となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *