遺族にとっての葬儀の流れ

葬儀に参列する場合には、お通夜とお葬式、告別式を行って火葬といった流れで故人を見送ることになります。

しかし遺族にとっては亡くなったその時からが葬儀の準備期間になるといってもよいでしょう。昔は葬儀というのは遺族が悲しむ時間がないくらい忙しくすることで、大切な人を失った喪失感を紛らわすための方法といわれていたくらい、やることも多く決めなければいけないことや手配しなければならないことがたくさんあります。まず故人のご臨終が確認されたら、医師による死亡通知書など書類を手配してもらうことになります。

これらの書類がないと火葬や埋葬などができなくなってしまうとても重要なものになります。次に遺体の搬送などの手配をしなければならないのですが、通常はこの辺りの流れで葬儀社に連絡をして各種の手配をお願いすることになります。ご遺体の搬送が終了したら、祭壇を整えたり葬儀の打ち合わせなどを行います。親族や関係者などへの連絡も行なう必要があります。次の日にはご遺体を清めたり、納棺などいった流れで準備をしておきます。

そしてお通夜やお葬式や告別式、火葬といった流れで故人を弔っていきます。これらの儀式が終わっても遺族はまだやることが残っていて、49日までは自宅で遺骨を保管しておく必要があるので祭壇づくりやお墓がない場合はお墓の手配などが必要になります。49日までは故人の霊は近くにいて、49日で霊から仏様に変わるといわれていますので、そこまでを併せて考えておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *