知っておきたい葬儀の流れについて

葬儀を執り行う場合には、どのような流れで行われるのか理解しておく必要があります。

まず、葬儀は、本来は人が亡くなった瞬間から始まり、儀式や告別式を経て、火葬、、還骨法要、精進落としまでの、一連の内容のことを指します。一般的には、儀式のハイライトとなる告別式が葬儀として捉えられており、その多くは仏式によって執り行われています。仏式の葬儀は、僧侶によって故人の霊を浄土へ送るためのものとなり、つつがなく成仏することを祈る儀式となります。

流れに関しては宗派や地域の慣習によっても違いがあり、一般的には事前に準備された式次第に沿って進められることになります。まず、遺族や親近者が着席をし、この場合、祭壇に向かって右側に喪主を先頭にして血縁の近い順に並び、左側には葬儀委員長や世話役等が着席をすることになります。僧侶が入場をした場合には、本来であれば一同起立をして迎えますが、現在では着座のまま合掌し、軽く頭を下げることで行われています。

僧侶が入場をすると進行係の開式の挨拶によって儀式が始まることになり、読経が行われ、弔辞、弔電の披露が行われる流れとなります。僧侶による焼香が行われた場合には、進行係の案内に従って喪主から順に焼香を行うことになり、ここでは、僧侶による読経が続けられます。焼香では、遺族を始めとする関係者に対しては氏名が読み上げれますが、一般参列者は席順から順に焼香をしていくことになり、焼香が終わると僧侶の退場、喪主の挨拶を経て儀式の終了となります。
市川の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *