葬儀はどのくらいの料金で行えるの?

葬儀といろんな種類がありそれぞれ料金も異なります。

100人以上が集まる一般葬の流れは遺体のお迎えをし遺体を安置し納棺をしてお通夜へと進みます。お通夜がおわると翌日に告別式を行い火葬へとむかいます。これらにかかるのが斎場費に遺体搬送費に祭壇費です。祭壇費には遺影代、棺代、供花代などかかります。これらをあわせると50万円ほどになります。また一般客を向かえず身内だけの家族葬をする場合は40万程度です。

家族葬も葬儀場で行うのではなく慣れ親しんだ自宅で行えることもできます。また葬儀代は斎場費や祭壇費、遺体搬送費など含まれていますがそのほかにもお布施代に15万程度必要でお通夜と葬式があるのでそれぞれ必要になります。そして参列した人たちから香典を貰うと思いますが香典返しとして5000円程度のものを返さなければいけません。人数が多いほど高くなります。合計して70万円ほどかかってしまうのです。

それから四十九日やら3周忌やら仏壇代やらと高くついてしまう葬儀ですが故人のことを思ったら最後は華やかにしてあげるのが遺族の役目です。最近の形態は様々ですが故人の好きなものを祭壇に飾ったり故人の好きな花を飾って華やかにしたりと人それぞれ変わってくるので料金もばらばらになるでしょう。節約して安く済ませるのもありですが故人の最後の姿として故人の願いを叶える葬儀にすることが一番大切だと思います。心から故人のことをおもってとりきめましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *