葬儀社が紹介してくれる僧侶とは

菩提寺がない人の葬儀では、葬儀社が僧侶を紹介してくれます。

仏式の葬儀にこだわらないのであれば僧侶を呼ぶ必要はありませんが、読経や戒名をつけてもらいたい場合には、紹介してもらったほうが良いです。葬儀社が紹介する僧侶は、寺院に所属していないマンション坊主(マンションに住んでいる僧侶)や、仏事の時だけ呼ばれてお経をあげる派遣僧侶、などの場合もあります。菩提寺と檀家の関係を持ちたくない場合には、その時だけ呼べる僧侶はメリットはあります。しかし、最後のお勤めは宗教者として修行を積んで、礼節をわきまえた僧侶にお願いしたほう良いでしょう。

菩提寺がない場合は、寺院に所属している僧侶かどうか確認するか、過去に縁のあったお寺に相談して同じ宗派の寺院を紹介してもらいましょう。今では読経だけあげてもらい、戒名はいただかないという方法もありますが、これだと寺院の墓地に埋葬してもらえない可能性があります。その場合には戒名をつけてもらい、埋葬してもらわなければなりません。

どうしても戒名なしで埋葬したい場合は、霊園墓地を利用するという方法もあります。霊園墓地は宗教に関係なく入ることができます。ただし、霊園墓地も新たに購入する必要があります。葬儀社が紹介してくれる寺院は、最寄りで都合の良い日程に来られるという条件で紹介されるケースが多いです。この点は、寺院の都合に関係なく火葬、告別式の日程を決めることができるのでメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *