シンプルな葬儀をしたいなら

最近では、シンプルな葬儀を利用する人も増えています。

最もシンプルと言われているのが、通夜と告別式を執り行わずに火葬だけ行う直葬です。儀式を省くので、会葬者への対応が不要ですし、振る舞いのための費用をかけずに済むというメリットがあります。ただし、利用者が増えているといっても、利用者はまだ少数派です。そのため、事前にまわりに説明して理解を得ておかないと、思わぬ誤解を生む可能性があります。

直葬は、臨終、お迎えと安置、納棺、出棺、火葬、お骨上げ、という流れで進んでいきます。通常は納棺、通夜、告別式、出棺、となりますが、この部分が省かれているので非常にシンプルです。儀式に使う読経、焼香、なども行わないので、宗教的なこともありません。なので、無宗教の葬儀としても利用できます。一般的な葬儀は200万円前後が相場ですが、直葬は25万円前後で執り行うことができます。

およそ八分の一の料金です。もっと安いところならば、10万円でできる所もあります。料金が安いので遺族に金銭的負担がかからない、参列者の対応をする負担が減る、香典返しが必要ない、といったメリットがあります。ただし、そのぶん理解してもらっていないと、後々トラブルになる可能性があります。直葬に理解のない人だと、お別れや供養にお金をかけないのは不謹慎、などと思われてしまうこともあります。これについては、事前に電話や手紙などで説明して理解を求めておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *