自宅葬という葬儀の方法

特別お金をかけなくても、自分らしい、個人らしい葬儀はできます。

昔は葬儀は自宅で行うことが多かったですが、最近では葬儀会館が建てられて、その便利さから多くの人が会館で葬儀を行うようになりました。しかし、家族葬のように親しい人たちだけで送るスタイルも増えており、最近では都市部を中心にして故人が住み慣れた家で故人を見送りたいと希望する人も増えています。それだと準備が大変になりそうですが、葬儀社では自宅葬のプランを用意して、遺族が負担を感じずに行うようなサービスも登場しています。

メリットは、家族でゆっくりと故人を送れるところです。会館だと次の予定が入っている関係で、時間通りにことを進める必要があります。しかし、自宅葬であれば時間を気にせずに見送ることができます。また、会館の使用量がかからないというメリットもあります。注意点は、参列者が多いと室内に入りきらない可能性があることです。駐車場がないと、遠方から訪問した人が困る可能性もあります。また、近隣住民にあらかじめ断っておくなどの配慮が必要です。

業者でだいたいの用意と後片付けはしてくれますが、遺族が自宅の片付けをしなければいけない所も出てきます。ちなみに、一軒家ではなくてもマンションなどの集合住宅でも自宅葬は可能とされています。ただし、棺の搬送にエレベーターが使えない建物だと、搬送に苦労する可能性があります。メリットとデメリットを比較して自宅葬か会館かを検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *